2016.6.30 未分類

発達障害の種類について

スライド1

よく耳にするようになった発達障害!

最近特に発達障害というワードを耳にします。これは法律で定められており、広汎性発達障害とADHDとLDが存在しています。

ちなみにADHDは注意欠陥多動性障害というものです。その名の通り注意力に問題があったり集中力が継続しないというものです。

そしてLDは学習障害というもので、何かの分野の学習がとても苦手というものです。

誤解されやすいのですが、LDというのは知的障害と区別されています。

そして自閉症スペクトラムですが、近年よく聞くようになったアスペルガー症候群もこれに入ります。

 

発達障害の種類を知ることも大事!

気がついていないだけであなたの周りに発達障害の子がいるかもしれません。自閉症の子と注意欠陥多動性障害と学習障害の子どもだと、支援・関わり方は異なります。

発達障害の知識があると、きちんとした対応ができるでしょう。

まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事


コラム一覧ページに戻る