2016.6.30 未分類

発達障害の子どもに良い影響を与えるダンス

img02 (3)

発達障害とダンスについて

音楽のリズムに合わせて、体を楽しく動かすダンス、その体は単に無意識に動かしているわけではありません。脳をフル回転させて五感を働かし、イメージを作り上げてそれに合わせてダンスをしているのです。体だけではなく頭も常に働かせる…それがダンスです。
そのためダンスを行うことは脳の活性化にも繋がり、それが発達障害の子どもにとっても良い影響を及ぼすと言われています。考える能力だけではなく表現する能力も身に付いていきますので、個性を伸ばすこともできます。
そんなダンスを子どもに学ばせたいのなら、イノベーションスクールに通わせる事を検討してみてはいかがでしょうか。
考える能力、表現する能力、個性を伸ばす。 ダンスは音楽があれば自宅でも出来るとは言え、集合住宅などでは近隣の迷惑となる可能性があります。
また、ダンスには思考力や表現力を伸ばすというだけではなく、他者とダンスすることでコミュニケーション能力を身に付けるというメリットもあります。
先生や他の子どもとダンスできるイノベーションスクールは、そうしたコミュニケーション能力を伸ばすことのできる場所でもあります。
発達障害の有無に関わらず、人間は1人で生活をする事はできません。
1人で生きている人も、どこかしらで他者と関わっているものです。コミュニケーション能力を伸ばす事ができれば、今後の人生においても大きく役立つことでしょう。

スクールでダンスを学ぶ

東京未来大学こどもみらい園は、発達障害の子どものためのイノベーションスクールです。
スクールには6つのコースがあり、その中にはダンスも含まれます。このようにスクールのコースにも採用されている事からも、発達障害の子どもへのダンスの有用性が窺えます。
コースではヒップホップやエアロビクスなどさまざまなダンスを行っており、子どもの個性を伸ばします。体を動かすのが好きな子どもは、スクールに行く事が待ち遠しくなるのではないでしょうか。
こどもみらい園のホームページでは、子どもを通わせている保護者から喜んで通っているという声も掲載されています。ダンスは激しく体を動かすため怪我が心配ですが、スクールではウォーミングアップやストレッチを行っています。何よりもすぐ傍に先生がいますので、そうした怪我のリスクに関しても安心感があります。もちろん子どもの可能性を伸ばすのは、ダンスだけというわけではありません。東京未来大学こどもみらい園には、歌やアート、体操など、いろいろなコースが用意されています。
本人が楽しんで行えるものがあれば、それが1番なのかもしれません。

まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事


コラム一覧ページに戻る