2016.6.30 未分類

達障害の子どものアートの力

スライド1

発達障害とアート

人には、それぞれ才能がありますが、誰もがその才能を活かせるとは限りません。才能を発揮できない事も、また才能に気付かない事もあるかもしれないのです。発達障害を持った子どもは独特の感性を持っており、イマジネーションに優れている、このような説は少なくありません。そうした長所と言える部分をどう伸ばしていくかというと、その1つとしてアートが挙げられます。アートは自分を表現する場でもあり、年齢や国境も関係なく人々を魅了しています。
発達障害を持った人による個展が開かれる事もあり、度々注目を集めています。そのように自分の長所を発揮できる何かを持つ事は、自信や社会適応にも繋がるでしょう。ただいかに子どもにアートの才能があったとしても、それを伸ばしてあげなければ発揮する事はできません。そのためには、スクールで学ばせる事も必要ですが、ただ通常の学校は、あまりアートに割く時間は多くありません。もちろん通常の授業も大切ですが、それだけでは子どもの可能性が伸び悩む事も考えられます。絵を描いて貰うくらいの事は自宅でもできますが、アートとは何も絵だけではありませんし、教える側にも先生のようなノウハウがあるわけではありません。
発達障害の子どもに理解を示し、個性を伸ばす手助けをしてくれるようなスクールに出会えれば、子どもに良い影響を及ぼすことでしょう。

個性を育てるスクール

発達障害を持った子どものためのイノベーションスクール、東京未来大学こどもみらい園は、そんな場所です。このスクールには6つのコースが設けられており、その1つにアートコースがあります。絵画やモノづくりといったアート方面の才能を伸ばす学習を行っており、子どもの個性を育てることができるでしょう。普通の学校だけでは物足りない、子どものアートの才能を伸ばして欲しい、自分を表現できる人間になって欲しい。そのような事を考えるならば、こうしたイノベーションスクールへの入園も検討をしてみてはいかがでしょうか。

また東京未来大学こどもみらい園には、アートの他にもあたまの体操・イングリッシュ・IT・ダンス・体操といったコースが設けられています。発達障害の子どもにはアートの才能があると言われていますが、だからといってアートだけに拘る必要はありません。何をしたいか、何に向いているのかは人それぞれで、重要なのは個性や長所を伸ばして、自信を身に付けることです。
東京未来大学こどもみらい園では、そのサポートを行っています。

まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事


コラム一覧ページに戻る