ごあいさつ

トップこどもみらい園とは園長からのごあいさつ

園長からのごあいさつ

子どもは社会のたからもの、幼い時の学習環境によって、子どもの可能性は大きく開きます。他の子どもと違う、上手にお友達と遊べない、そんな発達に障がいを持っているお子さんも同じこと。しかし私たち大人は、とかく子どもの欠点や他の子どもとの違いに気をとられ、その可能性を見落としてしまいがちです。

そんなお子さんがお友達との接し方を学び、隠れた才能を発見し伸ばすことのお手伝いをしたい、私たちはそのような思いを持って、このこどもみらい園を立ち上げました。

まず、3回以上の丁寧なアセスメントでお子さんの状態を客観的に把握し支援計画を策定します。そして、保護者のみなさま、学校や通園先の先生と私たちとで、お子さんの発達状態を共有しつつ、一人ひとりの才能を探し、育てていきます。保護者のみなさま方の交流や学習の機会も計画しています。

こどもみらい園で、お子さんの能力を引き出し、私たちと一緒に伸ばしていきませんか。

斉藤 幸枝

斉藤 幸枝(さいとう ゆきえ) こどもみらい園 / 園長
群馬大学医学部附属衛生検査技師学校を卒業後、製薬会社の研究室にて勤務。その後、公務員に転向。足立区衛生試験所長をスタートに福祉や保健、総務等の管理職を経て、2007年には足立区初の女性教育長へ。2011年に足立区教育委員会教育長を退職し現在に至る。

こどもみらい園アドバイザー多湖輝先生ごあいさつ

今回、開園予定の「東京未来大学こどもみらい園」は、これまでにない新しい学園です。ご承知のように、 この世に生を受けた子どもたちには、すべての子に、その子なりの「みらい」があるはずです。でも、一人 ひとりの子どもたちにとって現実は決して甘いものではありません。どこの国の、どんな地域の、どんな 家庭の子に生まれるかによって、その子の運命のかなりの部分が、決められるケースも、決して少なく ないのです。

私も今日まで、いわゆる“発達障がい”と呼ばれている子どもたちと数多く出会ってきました。最近では、遺伝子解析の技術が発達し、しかも比較的簡単な親の検査により、生まれてくる前に、その子の障がい発生の確率が予知できるようになりました。現にこの検査の結果で妊娠中絶を覚悟し、実行する親が現れるまでに至っております。

多湖輝先生

しかし、余りにも有名な世界の発明王トーマス・エジソンの場合はどうでしょうか。ご承知の方も多いと思いますが、彼は小学生の頃、先生から“発達障がい”の烙印を押され、学校を辞めさせられてしまったのです。 その最大の理由の一つは、学校の先生が教える「1+1=2」の計算を、頑なに受け入れようとしなかったことでした。この時、エジソンの頭にあったのは、粘土の塊のことでした。団子にした粘土の塊を二つ合わせると、一つの団子になる。つまり「1+1=1」だというわけです。幸いなことに母親が学校の先生だったために、無事学業も家庭で習得できたわけですが、そうでなければ、大発明家エジソンは、永遠にこの世に生み出されずに終わってしまったことになります。

こどもみらい園では、発達の問題を、可能な限り、その子の個性と捉え、潜在的能力を伸ばす事はできないかと考えようとしています。むろん、すべての発達障がい児に対応できる話ではありませんが、少なくとも、エジソンを切り捨てる重大な過ちだけは、決して犯されないことを心掛けてゆきます。どうぞ、こうした姿勢のわが“こどもみらい園”の先生方を信頼し、お子様の未来にご期待下さい。教職員一同、皆様方のご入園を心からお待ち申し上げております。
多湖輝先生 こどもみらい園アドバイザー / 東京未来大学名誉学長
1926年生まれ。東京大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業、同大学院修了。1973~1989年、千葉大学教授。在任中の5年間、附属小学校校長を併任。心理学者。千葉大学名誉教授。東京都「心の東京革命」推進協議会会長。日本創造学会名誉会長。NPO法人「0歳からの教育」推進協議会理事長。『頭の体操』シリーズなど著書多数。2007年、東京都より「名誉都民」の顕彰を受ける。東京未来大学 学長を経て、現在、東京未来大学名誉学長。
まずはお気軽にお問い合わせください